東通は1962年創業以来半世紀余りにわたり、映像技術会社として日本のテレビ産業を支えてきました。

おかげさまでスポーツ中継・ドラマやバラエティ番組の制作・報道取材の現場、そしてポストプロダクションにおいて、豊富な歴史と経験に裏打ちされた技術は、常に高い評価をいただいております。

私共は、東通本社のみならず音声・照明・番組企画制作・設備工事などに特化した関連会社、そして関西・名古屋・北陸・四国・九州と、全国に展開する関連会社と共に、東通グループとして、お客様の様々なご要望に的確迅速にお応えする態勢を整えております。

昨今、テクノロジーの進化、メディアの多様化の動きは早く、ウェブ上では奇抜なアマチュアの作品が話題を呼び、また空撮のためのドローン登場は目新しい映像世界を切り開くと共に現場制作者のモラルに対して大きな課題を突き付けています。

私たちは、このようなプロフェッショナルの真価が問われる時代を、危機感持って迎えるとともに、大きなビジネスチャンスの到来と考えます。当面、2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックに向かって4K・8K技術の具体化が大きなテーマになります。このテーマに対応すべく、弊社は4K中継可能な大型中継車をはじめとする多くの最新鋭機材を導入し、赤坂本社には編集室・MA室・プレビュー室を一体運用するポストプロダクション・センターを開設して、4K、ノンリニア編集に質・量ともに完全対応する態勢を整えております。

コンテンツ制作に携わるすべての皆様、新しいエンターテインメントと正確な情報を求める視聴者のご要望にお応えするべく、豊富な機材と優れた人材、そして広範なネットワークを抱え、時代の変化に応じて常に新しいものに挑む東通グループをどうぞお引き立て賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長