東通は1962年創業以来半世紀余りにわたり、日本のテレビ産業を支える映像技術会社のトップランナーとして走り続けています。

ゴルフ・野球などのスポーツ中継やドラマ・バラエティ・報道番組のスタジオ技術、ニュースや旅番組などの取材、そして編集・MAなど積み重ねてきました経験と最新設備を使用しました技術力は各方面から高い評価をいただいております。
5月にNHKで放送された日本ゴルフツアー選手権ではドローン技術を駆使した空撮生中継を東通が初めて制作して各方面で大きな反響を呼びました。

私共は東通本社に加え、関西・名古屋・九州・四国・北陸と全国に展開するグループ会社、 さらに音声・照明・番組企画制作・設備工事などに特化した関連会社とともに東通グループとして全国規模での様々なご要望に真摯かつ機動的にお応えする態勢を整えております。

近年、視聴スタイルやメディアの個別化が進み、テレビ画面やパソコン、スマートフォンなどで動画配信サービスを楽しむ方が増えています。こうした傾向は今後も続くと見られ、実際、ウェブ向けの番組制作の依頼も急増しています。
私共は従来のテレビ番組制作だけではなく、ネット配信の分野にも積極的に取り組み、 ゴルフ中継でテレビとネットでの同時放送を既に行いました。

2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、4K中継可能な大型中継車をはじめとする多くの最新鋭機材を導入し、ネットでの配信にも対応できる態勢を整えて参ります。赤坂の東京本社にはリニア・ノンリニア・4Kとどのような素材でも対応できる編集室・MA室・プレビュー室を完備しています。

東通グループはコンテンツ制作に携わるクライアント、新しいエンターテイメントと正確な情報を求める視聴者のご要望にお応えするべく、豊富な機材と優れた人材、そして全国に広がるネットワークをさらに充実させて、時代の変化に応じて常に新しい形での番組作りに挑戦してまいります。

代表取締役社長     星野 誠